結局クアトロンプロの液晶テレビを購入しました。

最近、我が家の液晶テレビを新しく購入しました。

以前から使っていたものは、シャープの液晶テレビで10年以上前に購入した32型のものです。

10年以上も使っていたので時々誤作動するようになり、またブルーレイディスクレコーダーを新たに買い換えたため、フルハイビジョンでない古いテレビだとブルーレイディスクの高画質が100パーセントいかしきれないからです。

新しいテレビはメーカーはシャープにしようと決めていました。

理由としては、やはりシャープは液晶テレビのトップブランドだし、ブルーレイディスクレコーダーもシャープなので互換性に不安がないようにとの理由でした。

大きさは思い切って52型にしました。

テレビは1度買うと長い間買い換えることがないので、少々高くてもできるだけ大きなものを購入したかったからです。

52型にもグレードが何種類かあってかなり悩みました。

もちろんどれもフルハイビジョンなのですが、大きくは3つのグレードがありました。
1番下のグレード、といってもそれは標準的なもので十分なスペックでした。

真ん中のグレードのものはクアトロンプロと言って赤色の発色が鮮やかで、1番下のグレードのものと見比べると明らかに綺麗さが違っていました。

1番上のグレードのものは4K対応のものでしたか価格がかなり高くなってきました。

結局真ん中のグレードのクアトロンプロのLC52XL10という商品を購入しました。

購入したテレビは自宅のリビングに置いていますが、とても迫力があり画像も鮮明で満足しています。

Comments are closed.