パナソニックのブルーレイレコーダーを買いました。使い勝手はまだ慣れないですが容量が前より大きくてまだまだ録れます。

最近、前のDVDレコーダーに不具合が多いため、パナソニックのDMR−BWT560というブルーレイレコーダーを買いました。
今回は不具合が起こりにくいメーカーに重点を置き、比較するためにもインターネットで口コミを調べました。比較して検討まで行ったメーカーはパナソニックとソニーでした。
購入は知人に家電の小売店に勤めている人がいるためそちらで買ったのですが、その知人にも相談に乗ってもらいつつ、根幹は自分で決める結果となりました。
実際に決め手となったのはインターネットの口コミになります。
どちらも故障は少ないメーカーで、あとは使い勝手の違いみたいで、私はそんなに編集をするタイプでもなかったのでパナソニックの方が使いやすいと皆さん言っていたのでパナソニックのブルーレイレコーダーに決めました。
実際に購入してみて、以前より良くなった点は以前は250GBだったのですが倍の容量になり、電源を付けたときの起動も早く、映像もきれいです。
逆に、以前より悪かった点はまだ慣れないので使い勝手がうまくいかないことです。
あとはTVとリンクが少ないため、以前のDVDレコーダーでしたらTVの電源を切ったらレコーダーも電源が切れたのですが、今回は切れないみたいです。
これから買う人に何かあるかといいますと、メーカーが変わると使い勝手も変わるとは思いますが、壊れにくい方が断然いいと思います。
何度も壊れると録画が取れていないときショックが大きいですし、せっかくのレコーダーの意味がありません。
日々進歩しているのでいろいろな機能があり、このブルーレイですとWifiでほかの機種でも録画の映像が見れるそうなのでぜひ使ってみたいと思っています。

Comments are closed.