外国製の除湿機からパナソニックのデシカント方式除湿乾燥機に買い替えました

最近購入した電化製品はデシカント方式除湿乾燥機です。

パナソニックのF-YZHX60という商品のシャンパンカラーを選びました。以前はデロンギの除湿機を使っていたのですが、スイッチが入らなくなってしまい、購入後10年を経過していることから買い換えることにした、というのが購入の経緯です。

以前のものはタンク、本体ともに大きすぎると感じていたので、今回はサイズを重視して選びました。比較は同社のハイブリッド式除湿機との検討になりましたが、最終的には価格が決めてになり、デシカント式を購入しました。

新しい除湿機を購入してみて、以前よりも水換えやフィルター掃除、持ち運びといったことが格段と楽になりました。

基本的には室内干しをしている部屋で使用していますが、玄関のクローゼットなど気になったところへすぐに持ち運んで除湿することができます。ただし以前よりパワーと洗濯物を乾かせる範囲は小さくなりました。

我が家の場合は、夏場はエアコンのドライ機能を使うことが多いので、室内温度があがるデシカント式でも問題なく、むしろ冬場の使用にはむいていますが、夏場を中心に使いたい方の場合は、ハイブリッド式を検討したほうがいいのではないかと思います。

Comments are closed.