慢性的な腰痛には毎日のストレッチや腰痛向きのマットレスが有効です。

40代女性です。

初めて腰痛を発症したのは、まだ20代中頃でした。

そう考えると、40代ですが人生のほぼ半分を腰痛に悩まされて過ごしていることになります。キャリアは長いですウツウヨトッマ

腰痛になったきっかけ

その時は、何をしたわけでもなく、ただ座っている間になんだか腰に重だるいような違和感が出てきました。

そして、数時間後には立つのも大変なほどの痛みを発症したのです。

激しい運動で腰を酷使していたわけでもなければ、重いものを持ち上げたわけでもない。原因不明の腰痛でした。

なにもせず、だまって座っていても痛みが走ります。正しい姿勢で背筋を伸ばして座らないと、痛みで座っていられない状況です。

立っていた方がまだ楽でしたが、前屈みになるとより痛みが強くなります。

そのため、前屈みになる手洗いや洗顔も出来ないほどでした。

腰痛になった後にしたこと

病院に行こうにも動くのが辛いので、その日は様子を見ることにして安静にしていました。

しかし、翌日になっても痛みは治まらず、近所の整形外科を受診しました。

結果、ハッキリとした病名は告げられず、湿布薬と鎮痛剤を処方され、腰痛体操をするようにとリーフレットを渡されただけでした。

鎮痛剤で痛みは楽になり、数日後には徐々に痛みは薄れてきましたが、その後も数年間隔でこのような痛みを発症します。

それからは、重いものを持つときには腹筋に力を入れたり、長時間同じ姿勢を続けないようにしたりと常に腰痛には気をつけて行動しています。

整形外科で直らなかった腰痛。腰痛対策で効果があったと思うこと

周囲に腰痛に悩まされている人は多く、腰痛に良いと聞いた鍼や整体、ウォーキング等にチャレンジしてみました。

しかし、どれも劇的な効果は実感できず、相変わらず数年おきの腰痛は続いていました。

そんな中でも、効果的に感じた方法が二つあります。

固い布団は腰痛に効果がありました。

一つは、敷き布団を固いマットレスに変えたことです。

それまでは、柔らかいマットレスも使っていましたが、それを外して固いマットレスにしました。

そうしたことで、翌朝から腰が楽になりました。

朝は体が固まっているせいか腰が痛くて起き上がるのが大変でしたが、硬いマットレスに変えてからは比較的容易に起き上がれるようになりました。

腰痛対策に高反発のマットレスは有効です。

案外効く、腰痛体操

そしてもう一つは、腰痛体操の継続です。

いつも痛みの後は腰痛体操などのストレッチを始めるものの、痛みが落ち着いてくるとすぐに止めてしまっていました。

しかし、医師から腰痛体操の継続を指導されたこともあり、毎日10分程度ですが、朝晩軽いストレッチを続けています。

それが効いているようで、ここ数年は腰痛を発症していません。

このまま頑張って、ストレッチを続けていこうと思っています。

Comments are closed.