連ドラ予約さえあればそれだけで十分幸せです。

現在仕様しているTVは、地デジ移行年に買い替えたものです。東芝REGZA 37Z3 ヨドバシカメラで9万円弱だったかと記憶しています。
ハードディスクは内臓されていないため、TVの購入と同時に外付けHDDを購入しました。
ブラウン管テレビにVHSという生活を送っていた我が家の録画事情は、その時から劇的に変化したと言えます。
子どもが二人居るため、Eテレの「いないいないばぁ」や「おかあさんといっしょ」、「妖怪ウォッチ」「アイカツ」等のアニメは毎週「連ドラ録画」しています。
私自身はアニメ・ドラマ好きですので、毎クール初回は気になる全ての作品を録画し、失礼ながら篩いにかけさせて頂き、最低5〜6本のアニメと3〜4本のドラマを録画します。基本、長期保存はせず、観たら消す、を繰り返している為、HDDの追加や他媒体への録画はせずに済んでいます。
今までVHSでの予約しか知らなかったため、前述の「連ドラ予約」は素晴らしく革新的な機能でした。更に、この機能、予約情報を残しておけば、「相棒」「孤独のグルメ」等、シリーズ化して毎年放送される作品やアニメの2ndシーズンについては、放映枠が変わらなければの条件の付きですが、勝手に毎年録画してくれるという事実を知った時には感動すら覚えました。
ただ、連ドラ予約した際のタイトル名にサブタイトルまで登録されてしまった場合、次回の放送について完全一致でないと同じ番組と認識されずに第2回を見逃すという辛酸を嘗めたことが数回あります。
アナログ時代経験者としては、この上なくいい時代になりましたが、逆に、大量の番組が録画できる割にフォルダ分け等のカテゴライズ機能の甘さを感じています。
家族構成等に合わせてユーザー側で自由に見たい番組を整理し呼び出せるような機能があればもう言うべきことはありません。

Comments are closed.