• お米からパンが作れる唯一のホームベーカリー「GOPAN」 はコメントを受け付けていません。
    thumbnail

    お米からパンが作れる唯一のホームベーカリー「GOPAN」

    先日、Panasonicのホームベーカリー「GOPAN」 SD-RBM1001を購入しました。

    元々料理が好きだったので、自宅で料理に合うパンやお惣菜パンが焼きたいと思い、ヤマダ電機の通販、ヤマダウェブコムで購入しました。

    「GOPAN」シリーズは、通常のホームベーカリーと違い、お米からパンが焼けるのが最大の特徴です。

    近年注目を集めいているグルテンフリーダイエットに興味があったこともあり、お米からパンが焼ける機種は「GOPAN」だけだったので、このシリーズを購入しました。

    基本的な食パンやお米パンを焼くのは、材料を計って入れるだけなのでとても簡単です。タイマー機能が付いていますので、食事の時間に合わせて焼きたてのパンが食べられるのが嬉しいポイントです。

    そして何と言っても、家中に溢れるパンと独特のイースト菌の香りがたまりません。

    また、お米から作ったパンは小麦から作ったパンより食感がモチモチしているし、ほんのりとお米の甘味がしてとてもおいしいです。

    最近では、生地作りまではホームベーカリーで行い、その後は自分で好みの具材を包んだり形を作ったりする成形パンをよく作ります。

    パンを手で捏ねるのは結構な力仕事ですので、その工程をホームベーカリーに任せられるところがメリットです。ウインナーやチーズを入れて巻いたロールパンや、味付けして潰したじゃがいもを入れたじゃがいもパンなど、惣菜パンのレパートリーも増えました。

    昨今はバターの価格が高いため、普通の食パンを焼く場合は、市販のパンを買った方が安い場合もありますが、惣菜パンは1個百数十円で販売しているものがほとんでですので、材料費を考えてもお得にできます。

    また、手作りパンは材料の内訳を調整できるので、塩分や糖分を控えめにしたり、水の代わりに豆乳や牛乳を入れてたんぱく質やカルシウムをプラスしたりと、オリジナルのレシピで栄養管理もできます。

    「GOPAN」のデメリットは、強いて言えばお米パンを焼く場合は時間がかかるということです。お米を粉にする過程に時間がかかるので、小麦パンを焼くよりも電気代がかさみます。

    それ以外は特に文句の付けようがない商品だと思います。

    パンの他にも、ピザ生地やうどん・パスタ等の麺類、おもち、ジャムなども作れますので、1台で色々な使い方ができて重宝すること間違いなしです。

    ちなみに、お米からパンが焼けるのはこの機種だけですので、通常のホームベーカリーよりも値段は少々高めです。

    これからホームベーカリーの購入を検討される方は、「お米パン」が焼きたいかどうか、よく考えてから購入してくださいね。

    Reading More >>